2006年09月09日

雲南の新空港

雲南には多くの省内空港があります。雲南だけでも日本と同じ37万平方キロメートルの広さがありますから当然といえば当然です。臨滄の空港の出来ました。中甸の空港も完成しています。今度は文山州の普者黒空港が開港したそうです。場所は硯山県城から5kmという事でgoogle earthで探したのですがありません。
そして更に 保山市騰衝県に騰衝空港の工事が10月から着工という事です。
貴州省の興義にも出来てますし隣の貴州もいよいよ空港ラッシュのようです。
黎平、同仁、黄果樹、・・・・

ただ残念なのは空港は出来ても旅客が思ったほど多くなく実際に飛ぶ飛行機が少ないのが残念です。
posted by むりー at 20:00| Comment(0) | 雲南の人々

昆明 観光3日目

3日目 
さてどこへ行くかという事になって動物園が新しくなったので新動物園へ
ここへ行くのも新しい地図を見るとバスの路線が新しく出来ていて東風西路の芸術劇院の前から 10路付 というのが新動物園まで直通で出ていました。ただホテルからは遠くなるのでその10路付が走る一番近くの停留所までタクシーで行ってそこで乗替える事になりました。

新動物園は金殿の北1.5kmの所にあり、門票35元、中は相当広く歩いても廻れますが数キロは歩かなくてはなりませんので電池車25元で巡る事にしました。これですと各見学場所で待っていてくれます。また歩道と電池車の巡る道路が違いますので多少金額は張りますが電池車の使用をお薦めします。それでも3-4時間はかかりますので1日全て掛ります。

最初は馬、鹿、など4つ足のどこの動物園にもいる動物をめぐり、その後 象の見学です。ここはサーカスのように芸をする象か待っています。

新動物園.jpg 新動物園


次が休憩を兼ねて方便面を食べてまってますと熊、虎、ライオンの曲芸が始ります。その次がオウムやインコの曲芸・・・・・
文字で書くと大してあるわけではありませんが そこは中国 待っている時間が長く結局3-4時間はかかります。
posted by むりー at 19:07| Comment(0) | 日記

昆明 観光1日目/2日目

診療を諦めた翌日からする事もありません、用事が済んだのですから家に帰ってもよいはずですが。昆明で面倒を見てもらうつもりのようです・・・・

まずはロス湾批発市場へ買い物です。ここは日曜雑貨、衣類等の卸し売り市場です。連れていった人は家族でここから安い衣類を大量に購入して街の市場や露店で「様様5元」の衣類を売っています。家に帰る時はきっと大量の衣類を抱えて帰るつもりでしょう。

私はロス湾はもう何度も来て食傷気味ですのでうろうろしていましたら、ここにも家楽福が出来ていましたので入ってみました。近日公園の所の家楽福よりも面積は大きいようです。NOKIA 1100が400元を切ってましたので1台購入。

家楽福.jpg 昆明 近日公園の家楽福


家楽福2.jpg 家楽福入口



翌日は西山龍門
まだ行った事が無いというので出発 もう私は飽きました。行きはタクシーでリフト下まで60元ほど、リフト15元、門票30元
帰りは リフト下から小型路線バス出ていて東風西路の芸術劇院まで5元、以前は5路と6路を乗り継いで行きましたから便利になりました。

西山龍門リフト.jpg 西山龍門 リフト


西山高速道路.jpg 西山龍門リフトから昆明までの高速道路もうすぐ竣工

花鳥市場へ   
以前の花鳥市場は取り壊すようでヘェンスが貼られていて今はそこから西南方向に移動していました。腕時計が壊れたので安いのを購入したのですが帰国後2日で壊れました。

花鳥市場の入口.jpg 花鳥市場入口 東風西路から


夜は昆明会堂(北京路)で「雲南印象」を見に行きました。もう3年も続いていてかなり評判も良い「踊り」のようです。入場券は一番安い120元、開始後座席は自由ですから前方へ。かなりの音量でしたが なかなかのもので上手く伝えられませんが価格以上ものがあるように思えます。花腰彝族の艶やかな民族衣装、戛洒の隣の漠沙の民族衣装など かなり少数民族を調べて題材にしているようです。



posted by むりー at 13:51| Comment(0) | 日記

行ってました

8月18日より半月ほど行っていました。
前半は戛洒で日々 うろうろしていましたが、ご飯を作ってもらっている家の人が感染症で5月に行った時も治らないで困っているとの事で昆明の病院に私が帰ってから病院に行ったようですが芳しくないようです。今回も1週間過ぎに
一緒に昆明の雲南省第一市民病院(雲南最大)に行く事になりました。

雲南の田舎の感染症の感染率は公になっていないだけで実際はかなりの確率だと思います。今回は患者は皮膚に近い所の筋肉内に体内に普通に存在する菌が入ってしまったようで既に鎮と県城の病院で看て貰っているようなので人命に関る事はないと思います。それでもやはり治したいようで私が当然のごとく費用を負担をするわけですから昆明に行くと決めているようです。

予定は私が帰国するまでの6日間ほどありますので何とかなると思います、昆明まで相手の家族2人と私で昆明までの大型バスで出発しましたがいろいろいあって無事到着 この時の模様は別に書きたいと思います。
月曜日に昆明市と雲南省と一つづつある第一市民病院を間違えながらなんとか到着しました。私は以前戛洒の招待所の洗面所で転倒し下血しこの雲南省第一市民病院は知っていたのですが 一緒に行った人が・・・・・ ぶつぶつ

なんとか皮膚科の主任に看てもらったようですが地元で看てもらった診療と同じという事になったようで本人は納得しませんでしたが どうしようもありませんし、雲南人の診療に私が口を出すつもりはありませんので結局、昆明での治療は終わってしまいました。出して貰った処方せんで薬局で薬をもらってホテルに帰りました。
 しかし中国は処方せんが無くても日本では処方せんが必要な薬が自由に売られていて、処方せんに書かれていたある一つの薬が薬局にありませんのでしたので 市中の薬局でその薬を購入しました。

それから4日間診療ではなくて昆明の市内観光になってしまいました。いつもの雲南19怪 外国人がガイド、雲南人がお客さん、雲南人は お土産小遣い付きのロハです。 そんな常識が雲南の田舎の人の常識です。
私が 「雲南はタカリが一杯」と言っても馬耳東風・・・・ 泊っている安ホテルは東風東路ですから当然かも・・・・・

以下 昆明市内観光の模様です。至る所にタカラレタ愚痴が・・

西塔.jpg 昆明 東寺街 西寺塔


東塔.jpg 昆明 東寺街 東寺塔
posted by むりー at 13:30| Comment(0) | 日記