2006年10月16日

新戛洒紹介 その1補足

補足です。少数民族の標高による居住地域について

雲南で気温はとても大事な事です。この戛洒は雲南でも年平均気温がとても高い極所的な場所です。そしてその高さの為に感染症が多くそれを恐れた漢族は住んでいませんでした。今は漢族が段段と増えてきてはいます。多分 感染症に対する知識の増大、医療水準の向上が理由だと思います。

一般的に環境の良い場所を漢族が占拠して少数民族が環境の悪い山地などに追いやられるというのか中国の普通の歴史ですが 雲南や中国南部の高温地帯は感染症の恐怖から良い場所を漢族が占拠しないという事が起きていました。逆に山地に漢族が住み、低地に少数民族が住むという事が多いようです。その分 危険ではあるわけです。
またこの低地に住む少数民族というのは特にタイ族が多いようです。
それは稲作を行い、少数民族の中でも力のあるタイ族であった為だそうです。つまりタイ族は抑圧民族であり、披抑圧民族でもあったわけです。

この戛洒でも後ろに迫る哀牢山脈に住むのが漢族で低地にタイ族が住んでいます。山地の漢族はタイ族に比べて更に貧しいようです。

そんな経緯があり、事実をありのままに書き危険があるがそれを納得した上で訪れていただきたいと思います。
posted by むりー at 20:42| Comment(0) | 戛洒紹介

新戛洒紹介 その1

雲南は雨が続いているそうです。
本来は稲刈りなはずですが毎日、雨で稲刈りが始まらないそうです。

戛洒縮小2.jpg


これはいつも行っている鎮とその近くの村です。
一番左が 戛洒鎮でここに部屋を借りました。上部の左右に省道が見えています。その道路の上にベドナムへ流れる紅河が流れています。棚田で有名な元陽もこの河の下流にあります。
紅河と省道の間に村落が並んでいます。左から速都、曼秀老寨、曼湾、曼理、大檳榔園です。一番右の大檳榔園には省道から観光用の専用道路が白く縦に見えています。ここが戛洒鎮の観光村です。
(この村の名前が出ている地図は外国人には見ることが出来ません。
内部地図です。でも役所に行くと貼ってありますので写真に撮るかメモしてきます。)

IMGP1909.jpg

この頃はこの村に良く行ってご飯を食べています。もう壊れかかった電動自転車で戛洒鎮と行き来しています。そろそろ電池がヘタってきているようです。まだ500kmしか走っていませんが。
この村は観光村だけあって古い生活スタイルがよく残っていて、タカリも強烈です。
2,3枚目がこの村の様子です。3枚目の2本の木はマンゴーですがこれよりも太いものが沢山あります。

IMGP1882t.jpg

周りはほとんど棚田で稲とサトウキビです。見えている木の半分はマンゴー樹です。電動自転車でこの辺りをウロウロしているとシアワセを感じます。

次回のお土産はこの画像をプリンターで打ち出して持っていきます。
若い人よりも年寄りにこれを見て貰いたいと思います。ですが喜びはしないでしょう、保守性があるからこそ千年二千年と続いた村の生活があるように思います。

のどかで魅力的な場所ですが感染症の恐さと表裏です。
この場所は雲南でも標高が低く特に暑い場所で あるサイトには「炎瘴之地」と呼ばれ昔は夏と冬で大きく人口が変わると書かれていました。今でもここの宿は30元以上の部屋は全て空調が入っています。
ここの人は私達日本人と大体 5度ぐらいは体感温度が違うようです。一緒に生活すると困る時もあります。特に一緒には寝られません。昼ご飯を一緒に食べて后睡なんですが農家ですから空調はありません。一度 挑戦してみましたが寝てても汗が大変で苦行です。

とにかくありのままに書かなければこういったものを見て行かれる人もいるのですから 耳障りの良い事だけ書くわけには行きません
浪漫だけでは危険です。本来はもっとはっきり書かなくていけないのですがこれくらいが限界かもしれません。

posted by むりー at 20:30| Comment(0) | 戛洒紹介