2006年11月25日

「雲南の照葉樹のもとで」 1982

この本は古い本です。 日本放送出版協会 \2,200

雲南の照葉樹のもとで.jpg

日本で雲南に最初に学術調査に入った時の記録だそうです。それ以前に観光客が入っていたそうですが それよりも遅れて入ったようです。
場所は昆明と西双版納と広西です。これを読んでいると当時、正式に雲南に入った場合は昆明と石林だけが外国人に開放されていてその他は受け入れ単位が必要との事。そして移動途中の撮影が不可、当初は景洪市街のみ可で郊外は不可のところを交渉して農村部に行けたとの事です。民泊なぞとんでもない時代だっようです。

この時には昆明から景洪まで車で2日ぐらいだったようですが、1950年雲南開放以前は車の道路が無く1ケ月も掛ったそうです。今ではほとんど高速道路が出来て7時間だそうですが まだ思茅から景洪までは車で行った事が無いので未体験です。

こんな時代に比べ今は辺境(国境の事です)以外はほとんどの場所に自由に行けますし、民泊も許可を得れば可能となりました。中には何ケ月も一般民家に泊っている強者もいます。私が戛洒で体験している事なぞ、この当時に比べれば自由という言葉がぴったりだと思います。
ただ ビデオ関係の規制は未だに厳しくこの点だけは当時とそれほど変わっていないようです。(業務/放送用のビデオカメラについてです。家庭用ビデオカメラは ほぼ自由です。)


この頃はamazonで中古の雲南関係の本を取り寄せて読んでいます。もう絶版になったものも在庫があったりで今まで読めなかったものが読めます。
posted by むりー at 17:37| Comment(0) | 雲南の人々

戛洒住宿登記 大変でした

戛洒鎮は、今年 雲南十大有名鎮に選ばれたようです。やはりこの風情、地形、タイ族の暮し、雲南の中でも素晴らしいものがありますからそれを理解される事が将来きっとあると思っていました。
その魅力に曳かれ部屋を借りたのですがそこへ滞在する為には住宿登記が必要です。今までは招待所に泊っていて、自分で派出所に行ってしていたのですが手続き的な問題はありましたが 今度は民家の部屋に滞在します。困難は予想していましたが やはりなかなか大変なものがありました。以下はその顛末です。

今年の5月に戛洒で新しい建物の部屋を知り合いの名前で(干女)借りたのですがそこへ泊る為に住宿登記をしたのですが、結局 干女の旦那と4回も通いやっとの事で住宿登記が出来ました。
今までの情報ですと田舎で民家に泊る時は泊める側の人間が公安まで同行すれば可能と聞いていましたので 私の名前では部屋を借りず干女の名前で借り、なんとか室内は住める状態にしましたので 今回初めて大家さんの娘と共に派出所で出向きましたが 民家に外国人を泊めるのはこの鎮では決定出来ないという事で拒否され、県の公安局まで行けと言われました。しかし県城まで行くとなると1日がかりです。

どうも担当者の口むき、雰囲気からするとやたら外国人に住宿登記を認めて何かあった時にその公安が追求されるのでしょう。
その後は 余所の場所では出来るのだからと干女の旦那(ある村の村民委員会の一人)が掛け合ってくれていざ 登記可能となりましたが 私のパスポートを出して登記をしようとしたら今度は15日以内の訪中で ビザ無しが問題となり 今度も駄目でした。しかし その派出所では過去に女性公安に 私が駐日中国大使館のホームページにあった中文の日本人の15日以内の滞在はビザ不用の部分をコピーして渡して読んで貰い 招待所等で宿泊した場合の住宿登記が可能でした。その記録も残っているはずです・
そのコピーをまだ私が 持っていましたので翌日また干女の旦那と一緒に行って渡しやっと 一般民家での住宿登記が出来ました。もし仮に滞在先が私の部屋という事だったら不可能だったかもしれませんので、用心は役にたったようです。
結局 住宿登記の担当者の能力や知識で可能、不可能が決まるようで15日以内のビザ無しでも問題無い事を未だに知らない田舎では普通の事のようです。今回は 説得力のある人に4度も公安と掛け合ってもらってやっと登記が出来ました。干女の旦那には始めて御世話になったような気がします。私が「非常感謝」というと そういう感謝はいらないと言うのですが 私が御世話になった時に口にするのでこの頃はそう言っても何も言われないようにはなりました。

そういった口にする事、口にしない事の習慣は民族や地域によって違うわけですが この頃は干女とその家族とも付き合いが長くなり、お互いにその習慣を合せるようになってきています。感謝を口にするのは面子の問題もあるようですが 親しいほど口にしないから親しいほど口にする常態に干女の家族とはなってきています。

駐日中国大使館
http://lsb.china.jp/chn/qzdl/fdlnew.html

外国人がめったに泊る事の無い田舎に行かれる方は招待所等に泊る時にはこのコピーを持参される事を御薦めします。
このページだけでなくトップページも一緒に持っていた方が良いでしょう。

そして結局11日ほど泊ってきました。予想どうりというか 端からいろいろな物が壊れてきてそれの修理もかなりの仕事でした。
家電品の不良率はかなりのものですし、修理しようとしても不可能な事が多く1年保証など無効な事あり、田舎と都会の差を実感しました。

次は1ケ月ぐらい滞在したいと思いますが 今の臨時住宿登記ではマズイような気がしますが どうしたら良いのでしょうか?
posted by むりー at 16:47| Comment(0) | 戛洒紹介