2007年09月21日

やっと免許が来ました

以前から書いていた雲南の御世話になっている家の三輪モーター車
ですがやっと購入して9ケ月 免許が来て乗れるようになりました。
車両費が1万元、諸経費3千元、免許取得費1万元弱 (普通車C1)
しめて2万元を越えたようです。最初 免許の取得費は数百元という口車?にのって始ったのですが 10倍以上かかりました。
この数年でC1免許取得費は2倍になったようです。

干女はこの話を聞いて「騙されている」と言ってました。もうなんでもありですからあまり考えません。騙されているというよりタカリなんでしょう。「約束が違う」と怒ったら謝ってはいました。
こんなんわけでやたら農家でご飯を食べているとこんな事になるという見本のようです。でも たまたまそういう家庭であったようで干女の家は一切たかり無し。

私が行っている所はほとんど中国人特有の面子はありません。
尚 乗れるといっても実際は 車体が中国クオリティーですから
修理しないと走りません。

それでもやっと昨日あたりから実際に運転しているようです。
雲南の田舎で三輪モーター車を購入して免許もとって実際に乗れるまで9ケ月費用が2万元を越え、疲れました。本人はもっと疲れた
ようで何度も 「いらないから返す」と言ってましたがやっとです。

posted by むりー at 10:00| Comment(0) | 戛洒紹介