2007年11月22日

戛洒市街近傍 紹介

戛洒111A.jpg
戛洒の市街と近傍です。この辺りまでは歩いても行けますが三輪モーター車が便利です。三輪モーター車の運転手も大概は携帯を持っていますから目的地についてから電話番号を聞き、迎えに来てもらうと便利です。この辺りまでなら2-5元、


戛洒211A.jpg
市街部分です。宿は綺麗な所だけ載せました。現在 戛洒は急激に変わっていますのでこれもすぐに不正確なものになります。
餐館はあまり御薦めの所はありません。戛洒の餐館はかなり高いと思います。どうも観光がメインなので余所より高めになっているようです。特に観光用の民族料理を出す餐館は高いようです。


posted by むりー at 08:15| Comment(0) | 戛洒紹介

戛洒 花腰タイ村寨紹介

戛洒プレミア.JPG

戛洒の花腰タイ族の村の紹介です。画像上に地名を入れてみました。
赤色の点々が省道です。戛洒には新平県城から行きますとこの画像ですと下から上へ進む事になります。戛洒手前にこの村々があります。
最初に右側に観光村 (自然生態村)の大檳榔園があります。ここでお祭りの催しものが行われ この村落から更に紅河に下った広場に舞台が作られていて私がよく写真をとってここで紹介しています。
この村から黄色の点々の近道に沿って万理、曼湾、曼秀老寨、速都と村が並んでいます。どれも花腰タイ族の暮しが見られると思います。

散策コースとして御薦めなのは戛洒から三輪モーター車で大檳榔園に向かいここの村の入口で車を降りて村の広場の脇の道を通り、紅河の川原まで下ります。
そこから紅河の川原を歩いて、曼湾、曼秀老寨方面に歩いてみて下さい。川原にはいろいろと野菜類が作られています。
またタイ族のお墓が河畔に見えます。
どちらかの村が見えたら川原から村へ上がり黄色の点々の近道を通って戛洒に戻るコースを御薦めします。村に立ち寄らなければ2−3時間だと思います。村で住人と仲良くなると1日掛るかもしれません。
大檳榔園だけ見る時は村の入口の広場の小売部の前の椅子に座っているとその内 三輪モーター車がやってきます。
戛洒−大檳榔園は2元から5元 5元は当然 老外価格です。
約2Kmですから歩くのも良いと思います。稲作とサトウキビの風景が見られます。
posted by むりー at 00:00| Comment(2) | 戛洒紹介

2007年11月21日

戛洒パノラミア

Google Earth で戛洒を見るとこうなります。
今はパノラミアで私の写真が出てきます。
戛洒の部分は詳細画像が表示され家が一軒一軒見えますが撮影時の天候があまり良くなかったようで ぼーっ としています。リアルタイムで画質調整が出来る機能がGoogle Earthにあると ずっと見易くなるのですが。特に麗江の近くなどは 詳細表示可能ですが真っ黒です。

戛洒プレミア.JPG

この画像を見るたびに小さな農道、舗装された省道、田んぼや小川、そんな景色を思い出してしまいます。そして戛洒の多くの花腰タイの人々を日本で暮していると常に思い出します。
posted by むりー at 00:00| Comment(0) | 戛洒紹介

2007年11月20日

お祭りと子供の病気

10月の国慶節の大檳榔園の広場の客席側です。草むらに四角い石が置いてあってそれが椅子です。
民族衣装を着ているのは多分 彝族の出演者だと思います。ここの彝族の踊りは腰に付けた小さな太鼓を鳴らしながら踊るという地味なもので見栄えがイマイチです。それでも出し物が少ないここでは貴重な出し物です。
湯鍋節1.jpg



この時のお祭りは「湯鍋節」といういつも紹介している牛の内蔵料理のお祭りですのでお祭りの初日でお客さんの一部に振る舞われます。その大鍋です。
この写真の右側にいる子供が私が御世話になっている家の隣の子で水頭症で玉渓の病院に人民政府の費用で治療に通っています。この写真でははっきりわからないほど頭部が普通になっていて治療の効果がはっきり出ています。以前は写真を撮るのを躊躇うほどでした。
この子はこういったお祭りの時に他の子供と共に出て遊んでいますから 見かねた という事もあるのかもしれませんが本当の所は不明です。もし観光村でなかったらなどとも考えてしまいます。
湯鍋節2.jpg


中国の農村に行くとこういった病気の人、体の一部に問題を抱えた人などによく会います。都市部でも統計的に五体満足で生れない乳幼児の確率はかなり高いそうです。
posted by むりー at 00:00| Comment(0) | 戛洒紹介

2007年11月19日

戛洒光光

コメントをいただいたコトヒロさんのプログです。

http://plaza.rakuten.co.jp/dropout2002/

戛洒も少しずつ「開けて」きましたので写真を撮るとお金を請求される事もあるようです。私はあまり人に近寄って撮りませんので請求された事はありません。ただ大檳榔園(観光村)の広場で観光用に子供が民族衣装を着ているを撮って1元を要求されて払いました。
私の場合 現地の知り合いか知り合いの知り合いに民族衣装を着るので撮ってほしいという事でパチパチ撮って 4つ切りにして次回持っていくという事がかなりあります。こっちの方が手間も費用も桁違いです。それで「謝々」なんて言われた事はありません。
もう当然という風に要求してきますからこの頃はうんざりしています。そろそろ断ろうかと思います。
あんまり仲良くするとこうなります。

大檳榔園.jpg
大檳榔園の広場 国慶節を前にして踊り子の打ち合わせ
人民政府の女性が責任者のようです。

戛洒で見かける少数民族は 花腰タイ族、彝族、ハニ族、ラフ族、回族あたりです。少数民族の民族衣装を着ているのは花腰タイ族、ハニ族、ラフ族です。

とにかく タカリは猛烈です。雲南の余所の場所もこんなに凄いのかと思いますが今更 余所に行って比べるわけにもいきません。

大檳榔園入口.jpg
国慶節の時のお祭り 湯鍋節の時の大檳榔園の入口 お客さんの歓迎
posted by むりー at 12:14| Comment(4) | 戛洒紹介

2007年11月17日

ガソリンが無い

今まで 車で雲南を旅行すると一部 ガソリンが無いという事がありましたが ハイオクは有るという状態でした。しかし 今 戛洒ではガソリンスタンドでガソリンが全く無い状態なのだそうです。
戛洒周辺の田舎のスタンドでは全く無く、戛洒にあるガソリンスタンドに幾分あるようで 車が長蛇の列だそうです。
11月の初め 日本でもガソリンが上がりましたが同時に中国でも上がりましたが1割以上上がったそうです。戛洒の状態が雲南全ての状態ではないのでしょうが 逼迫すると日本より影響は大きいようです。
先日は 5元以下/リットルが 今は5.5元/リットルだそうです。
posted by むりー at 10:57| Comment(2) | 戛洒紹介

2007年11月15日

いろいろ

さきほど こちらのプログがおかしくなりました。
画像が全く出ないなったのですが いろいろいじっている内に直ってしまいました。なんだったのでしょう。
ここはいろいろあるようで心配です。

◎本日 SONYから新しいハイビジョンビデオカメラが発表になりました。

http://www.sony.jp/CorporateCruise/Press/200711/07-1114/

この価格と雲南で一軒家を建てる費用は同じくらいです。
この2台ですが大きい方は中国の税関で捕まるかもしれません。大きいほうが機能的には上なんですが・・・・・
こんなのを持っていくと必ず「イクラしたの?」と聞かれます。するとその金額を聞いて・・・・ 恐いものがあります。タカラレル事必定です。黙っているに限ります。


posted by むりー at 00:00| Comment(0) | 日記

2007年11月14日

結婚式はつづく

下に書いた小姐の結婚式は結局 今朝まで続いたようです。昨日は双方の友人がやってきたようです。そして 犬を殺して食べたようです。日頃優しい人々なんですが 食べるという事になると犬 豚 牛を処理してしまいます。犬は私も知らずに食べました。
一生に一度ですから 3日も続くようです。借金をしても費用を工面し参加者に声を掛けるようです。

私が今 御世話になっている家の妹も12月に戛洒側の結婚式を行なうようで同じ程度に催すようですが 果たしてどうなるかは不明ですし私がやたら参加すると何か恐いものがあります。
どう恐いかは説明するのが困難です。適当に想像してみて下さい。
posted by むりー at 18:37| Comment(0) | 戛洒紹介

2007年11月13日

世界ウルルン滞在記 元陽−哀牢山脈

先日のウルルンの元陽県は私が行っている新平県に流れている紅河の下流 200kmぐらいの同じ哀牢山脈にあります。
距離はそれほどないのですが 良い道が無いので2日ほど掛ります。
この哀牢山脈のベトナムとの国境の村もウルルンが行きましたし国境を越えたベトナム側にも行ってます。ウルルンは哀牢山脈の村に縁があるようです。 その内やってこないかと思いますが。

Google Erathの右下の新街鎮が元陽の中心です。左上の戛洒がいつもの場所です。

うるるん地図.jpg
posted by むりー at 08:12| Comment(0) | 戛洒紹介

2007年11月12日

昨日は結婚式

一昨年の暮れにビルマ近くのワ族の所に一緒に行ったこの小姐が結婚式です。おめでたいので公開。2−3日宴会は続くと思います。
先日行った時もお祭りの踊りの司会をしてました。


イーリンター.jpg

イーリンター2.jpg
posted by むりー at 08:01| Comment(0) | 戛洒紹介

2007年11月10日

世界ウルルン滞在記 元陽棚田

世界ウルルン滞在記ルネサンス
絶景!中国の巨大棚田村人総出の千人大宴会安田美沙子ぜんぶ感激
11月11日(日) 22:00〜22:54

世界ウルルン滞在記ルネサンス◇女優の安田美沙子が世界最大級といわれる棚田が広がる中国南西部の雲南省元陽県に暮らすハニ人の村を訪ねる。標高差 1500メートルの急な山の斜面には3千段を超える棚田が広がる。安田は村に暮らす8人家族の李正興さん宅にホームステイ。実りの秋に活気づく村で、最盛期を迎えた稲刈りを体験する。稲刈りが終わると、棚田の恵みへの感謝と安田への歓迎を込めて宴会が催される。長さ100メートルにわたって道路にテーブルを並べ、1千人を超える村人が一堂に会する大宴会に安田は驚く。

yahooの番組表から


この長街宴の開催日がよくわかりません。書いてあるものによって期日が違います。
http://www.ururun.com/

その内に行ってみたいと思っていましたが・・・・

posted by むりー at 18:55| Comment(0) | 雲南の人々

2007年11月09日

DVD

下の方に 張芸謀のDVD18枚組みを紹介しましたが、いやに安いと思ったらやはり海賊版でした。綺麗な化粧箱に入っているとは思いませんでした。
このDVDですが 外箱に DVD5 と書かれていて何の事か判りませんでしたが 片面1層という意味で2層は DVD9 という表示になるようです。ですから本来のDVDより圧縮して入っていますので画質的には本物より劣化していると思います。

また普通売られているDVD VIDEOはCSSという方式で暗号化されていますがこれは暗号が解除されており普通のパソコンで普通にコピー可能です。しかし海賊版のDVDだけあって セクターの読み出しにエラーが多く 通常のパソコンのコピーソフトではエラーで途中停止してしまいます。

結局駄目なのかと思っていましたら 今はCSSで暗号化されたDVD VIDEOも簡単にコピー出来るフリーのソフトウエアが出まわっていて公開されていて、そのフリーソフトが添付された雑誌が売られていました。CSSの暗号の自動で解析してしまいます。
エラーが有っても無視してコピーを続けてしまいますし、片面2層のものも1層に収まるように圧縮までしてくれます。こんなものが無料で配られています。なんだか恐ろしくなります。
こんな状態になっていたとは知りませんでした。

posted by むりー at 00:00| Comment(0) | 戛洒紹介

2007年11月08日

中国団体旅行

こんな広告が春城晩報にありました。
昆明で一番読まれている新聞です。

春城晩報.jpg


今までも車の運転手の質は大きな脅威に感じていました。普通に接する運転手の中にはとんでもない人間もいるように思えてなりません。
ですからこれを見ても「やはり」と思いました。
私の場合 良い運転手と車を探せば良い旅行になる事がほとんどです。
posted by むりー at 00:00| Comment(2) | 戛洒紹介

2007年11月07日

家禽類の病気 その後2

その後 電話では 感染症もそろそろ終息に向かっているようです。
やはり いろいろな感染症が重なって起きている事を聞くと恐くなってきます。

雲南だけではありませんが本当に蔓延してくると その村や郷が閉鎖されます。誰も 行けなくなり普通の交通が遮断されます。
感染する恐さを考えれば仕方が無いと思います。

次の航空券は日時の変更の出来る溜めていたマイレージで交換する事にしました。
posted by むりー at 00:00| Comment(6) | 戛洒紹介

2007年11月06日

家禽類の病気 その後

この何日か 電話して聞いてみると アヒルの病気が流行っているようです。私がお邪魔している時もアヒルが病気で、その病気になったアヒルを隔離していました。あれから1週間ですが 更に飼っている豚 2頭も病気になって明日 薬を買って与えるとの事です。この一連の病気と人間の病気と関連があるのかないのか。
このような病気が雲南の別の地域でも広がっているようで 掛ったアヒルや豚などの家禽類が死んでいるそうです。豚肉の価格が上がった理由の一つだそうです。ただ 人間には伝染しない模様との事。

なにせ お邪魔している時は庭先に座っていると飼っているアヒルが一団となって歩いてきます。そこへ病気になったアヒルが後からついてくるという状態でした。
それずどれくらいの意味を持つのかは判りません。今は問題なくても将来 ウィルスが変異して人間に感染するのか・・・・・

こちらの雲南行きも今年は暫く様子を見る事にします。ちょっと恐くなりました。鶏インフルエンザとはちょっと違うようです。
posted by むりー at 00:00| Comment(0) | 戛洒紹介

2007年11月05日

医療 少しは良いことも

今回 良いことも少しだけありました。
今ご飯を作って貰っている家の隣の5才ぐらいの子供ですが 水頭症でしたが治療は受けていないようでしたが今回、鎮の人民政府がお金を出して玉渓の大きな病院で治療が始りました。
月に一度 200キロをバスで行き注射を打つのだそうで 今はかなり見た目がよくなって来て 患部が半分くらいの大きさになっていました。

別方向の隣の家では父親がアルコール中毒らしく長期入院になりました。飲むと騒ぐのだそうです。
子供(成人)はその入院費を稼ぐ為に打工に行くようになりました。
少しづつ和諧社会へ向けて以前よりは農村への手当てが始りましたが農村の貧困からくる問題は今程度の手当てでは足りない事は書くまでもありません。中国の格差社会の現実は「凄まじい」という言葉がぴったりです。
posted by むりー at 00:00| Comment(0) | 戛洒紹介

2007年11月04日

農村医療 2007年10月

定期的に起こる感染症が戛洒でもまた体験する事になりました。

湯鍋節.jpg


雲南の田舎に行っていると感染症とその治療に関しては定期的に発生するようで干女の嫁ぎ先でまた起きました。
8月に電話で姑が病気と聞いていましたが電話で質問してもはっきり
言いません。今回行って聞いてみましたから最初に姑が県城の病院に8日間入院したが原因不明でも退院してしまったそうです。費用が3500元その後 今度は干女の子(いつも写真を掲載している子)が同様の病気になり、更に干女の本人が掛り その時は地元鎮の病院に行きましたら原因が判り治療が出来たそうです。それは入院せず1500元

この地元の鎮の医師はなかなかのレベルで評判が良いようです。
農村医療保険ですが 県城は3000元支払って300元しか戻らず鎮の病院は1500元支払って500元ほど戻ってきたそうです。
何故 県城の病院の戻りが低いのかは不明だそうです。

死ぬほどの病気ではなかったようですが家族内で続けてかかっていますから感染症でしょう。
でこの治療費ですが家族内では払えず やはり私がいつも干女に置いてくる小費から支払ったそうです。姑には話してはいないようですが薄々は知っているとか・・・・
タカリばかりの地域ですが干女は全くタカってきませんので毎回 小費は置いてきます。丁度一人分の生活費程度ですがそれを普段は使わずしまっておいているようで、結婚前から溜め込んで結婚式の費用も自分で支払ったと今ごろ 告白?されました。
干女の夫も村民委員会の一人ですが工資が安く病気の時に支払えないようです。
場所が保険会社が建てた希望小学校があるような場所ですからこんな現状です。

で更にこの下の方に載せてしまった今ご飯を作ってもらっている過程の母親の姐がかなりの病気に掛って上記 県の病院に私が行っている時に入院してしまいました。体中痛くて寝たきりですが 今度も原因不明でもっと大きな病院に行けと退院を要求されたのですが お金が無いので自宅に戻ってきてしまいました。
今でも寝たきりでトイレも行けないそうです。

やはり農村医療保険が出来て2-4割り程度の医療費は戻ってくるようですが医療費そのものが容易に年収を越えますのでそんな割合では病院へ行ける人は増えても根本的な解決になりませんし、給付の上限が低いので本当の重病時には役立ちません。農村医療保険が出来てもまだこうやって医療費を支払えず 帰宅してしまう患者もいます。
日本並みに給付率が7割ぐらいにならないと意味がありません。

感染症ですから 訪問者も掛るかもしれません。
今回もお祭りに老外が来てましたから理屈から言えばそういう人も掛るかもしれません。日本からパックツアーも少しはあります。厳密には掛るかもしれません。ただどの程度の確率かは不明です。

画像は今回の国慶節に合わせて行われたお祭りです。
光の部分を見るのか影の部分を見るのか。
一つの自然生態村で同時に起こる 観光のお祭りと病気。
posted by むりー at 00:00| Comment(0) | 戛洒紹介

2007年11月03日

話の続き

この笑い話は続があります。

部屋の掃除をしていましたら 天井に蜘蛛の巣があってほうきで取り除こうとしてプラスチックの椅子に乗ろうとしました。
しかしプラスチックの厚さが薄かったようで、乗った途端破壊してしまいました。体は数十センチの高さから落ちたのですがその時 壊れたプラスチックが右足の底に突き刺さりました。
今でもまだ 足の裏が痛くて走れません。けちらず木製の椅子を購入すれば良かった。
トイレの電球は恐くて干女の旦那に頼んで交換してもらいました。

椅子_.jpg
posted by むりー at 00:00| Comment(0) | 戛洒紹介

貸した方が悪い

いつもの雲南の鎮へ行き借りていた部屋に4ケ月ぶりに直行しました。
すると 干女の兄がDVD机で私が置いておいたDVDを見てました。
部屋は掃除してなく トイレの電球は切れたまま、兄はすぐ出て行きましたが その後私が部屋の掃除です。
「飛行機のチケットを買って雲南に他人が使った部屋の掃除に行った」というのは笑い話になりました。

鍵は誰が貸したのでしょう。貸した方が悪い。<<
干女はその後 何度も何度も謝っていました。8年の付き合いでこんな事は初めてです。(謝々が存在しない少数民族です。)
posted by むりー at 00:00| Comment(0) | 戛洒紹介

2007年11月02日

写真

(1) 国慶節の夜の大通り
200710X.jpg



(2) 同 お祭りの朝 宣伝の為の行列
200710Y.jpg


(3) 偶然出くわした葬式 このカラフルな傘が珍しい
200710Z1.jpg


(4) 葬式の時は若い牛が殺されます。
200710Z2.jpg
posted by むりー at 00:00| Comment(0) | 戛洒紹介