2006年07月26日

甘い 2

やっと 干女の説得で干女の兄が部屋を使うのを止めたそうです。決めては使うなら電気代、水道代は自分で払うという事にしたのです、どうも兄は何もかもタカロウとしていたようです。さすがに干女もマズイと思ったようで説得してくれたようです。
嗄洒へ行って一番辛いのはやはりこのタカリです。持っている者に依存する事を当然と言ってはばからない、タカル相手に当然と言い放つ人間が多くいます。
騙しは無いのですがこのタカリ文化はタイ族だからか雲南人だからなのか、あるいは中国人だからなのか不明ですが 肯定する事は出来ません。

よく中国人女性と結婚されて一族からタカラレル話を聞きますが私の場合は干女はいますが単なる口約束です。まして去年結婚して実家にもいませんしなかなか会う事も出来ません。そういう関係の中でその兄がタカル理由なぞ希薄なものしかありません。しかし私が嗄洒を訪れるという事は一般には「外国人が現地の人に面倒をみてもらう」というイメージがあるかもしれません。ですが実態はそんな事はほとんどありません。もし面倒を見てもらっているとしたらご飯に呼んでもらうという事です。しかしそれも全部材料はこちら持ちです。
面倒を見てもらう事はほとんどありません。逆に面倒を見る事がほとんどです。また 街の食堂でご飯を食べる事もありますが8年間 食事代を出して貰った事は2回のみ、後全て私が出してます。よく中国ではグループで食事をする時には支払う人は順番で持ち回りという事を言う人がいますがそんな経験は全くありません。

とにかく そういう現状にこちらが合せる事は必須ですから安易に、鍵をやたら渡した 私が甘かった事は間違いのない事です。
posted by むりー at 09:10| Comment(2) | 戛洒紹介
この記事へのコメント
アモも2年半ほどこちらで過ごし、最近感じるのですが向こうはタカってるなどとは
毛頭思わずむりーさんが金を持ってるのだから、使わない部屋を持ってるのだから
飯代出すのは当たり前くらいにしか考えていないのだと思います。

自己中の塊みたいな人がどこに行っても結構多いですから当然相手のことを・・・
なんて考えたり思いやったりする人は少ないでしょう。

厦門にもいまだに地元民と外国人では値段の違う飯屋や飲み屋が堂々とやってますから。
Posted by アモチョン at 2006年07月27日 03:18
その通りですが干女はその当りの事は相互理解するような関係になりました(危ない関係かも)そこまでの理解をするようになるまで本当に大変でしたが、干女のお兄さんとは「その他大勢」の関係だったわけです。

厦門でも老外価格のある所もあるようですが逆に度田舎だとそういう二重価格の所は少ないようです。
そんな事をして二重価格にした事がバレルと近所から後ろ指さされるようです。それだけ田舎のようですが後ろ指さされないなら二重価格もありました。

しかしそんなにたかったら段々 相手が近寄らなくなってくるとは思わないのか・・・そんな計算もしていない模様です。たかられそうになって行かなくなった家多数です。小心。でもそんな用心をするようになったら雲南の少数民族の中にいるのも虚しいものがあります。
Posted by at 2006年07月27日 21:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。