2006年09月09日

行ってました

8月18日より半月ほど行っていました。
前半は戛洒で日々 うろうろしていましたが、ご飯を作ってもらっている家の人が感染症で5月に行った時も治らないで困っているとの事で昆明の病院に私が帰ってから病院に行ったようですが芳しくないようです。今回も1週間過ぎに
一緒に昆明の雲南省第一市民病院(雲南最大)に行く事になりました。

雲南の田舎の感染症の感染率は公になっていないだけで実際はかなりの確率だと思います。今回は患者は皮膚に近い所の筋肉内に体内に普通に存在する菌が入ってしまったようで既に鎮と県城の病院で看て貰っているようなので人命に関る事はないと思います。それでもやはり治したいようで私が当然のごとく費用を負担をするわけですから昆明に行くと決めているようです。

予定は私が帰国するまでの6日間ほどありますので何とかなると思います、昆明まで相手の家族2人と私で昆明までの大型バスで出発しましたがいろいろいあって無事到着 この時の模様は別に書きたいと思います。
月曜日に昆明市と雲南省と一つづつある第一市民病院を間違えながらなんとか到着しました。私は以前戛洒の招待所の洗面所で転倒し下血しこの雲南省第一市民病院は知っていたのですが 一緒に行った人が・・・・・ ぶつぶつ

なんとか皮膚科の主任に看てもらったようですが地元で看てもらった診療と同じという事になったようで本人は納得しませんでしたが どうしようもありませんし、雲南人の診療に私が口を出すつもりはありませんので結局、昆明での治療は終わってしまいました。出して貰った処方せんで薬局で薬をもらってホテルに帰りました。
 しかし中国は処方せんが無くても日本では処方せんが必要な薬が自由に売られていて、処方せんに書かれていたある一つの薬が薬局にありませんのでしたので 市中の薬局でその薬を購入しました。

それから4日間診療ではなくて昆明の市内観光になってしまいました。いつもの雲南19怪 外国人がガイド、雲南人がお客さん、雲南人は お土産小遣い付きのロハです。 そんな常識が雲南の田舎の人の常識です。
私が 「雲南はタカリが一杯」と言っても馬耳東風・・・・ 泊っている安ホテルは東風東路ですから当然かも・・・・・

以下 昆明市内観光の模様です。至る所にタカラレタ愚痴が・・

西塔.jpg 昆明 東寺街 西寺塔


東塔.jpg 昆明 東寺街 東寺塔
posted by むりー at 13:30| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。