2006年10月16日

新戛洒紹介 その1補足

補足です。少数民族の標高による居住地域について

雲南で気温はとても大事な事です。この戛洒は雲南でも年平均気温がとても高い極所的な場所です。そしてその高さの為に感染症が多くそれを恐れた漢族は住んでいませんでした。今は漢族が段段と増えてきてはいます。多分 感染症に対する知識の増大、医療水準の向上が理由だと思います。

一般的に環境の良い場所を漢族が占拠して少数民族が環境の悪い山地などに追いやられるというのか中国の普通の歴史ですが 雲南や中国南部の高温地帯は感染症の恐怖から良い場所を漢族が占拠しないという事が起きていました。逆に山地に漢族が住み、低地に少数民族が住むという事が多いようです。その分 危険ではあるわけです。
またこの低地に住む少数民族というのは特にタイ族が多いようです。
それは稲作を行い、少数民族の中でも力のあるタイ族であった為だそうです。つまりタイ族は抑圧民族であり、披抑圧民族でもあったわけです。

この戛洒でも後ろに迫る哀牢山脈に住むのが漢族で低地にタイ族が住んでいます。山地の漢族はタイ族に比べて更に貧しいようです。

そんな経緯があり、事実をありのままに書き危険があるがそれを納得した上で訪れていただきたいと思います。
posted by むりー at 20:42| Comment(0) | 戛洒紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。