2006年12月02日

雲南省 結婚前HIV検査を義務化

CNNでこんなニュースが流れたようです。

http://www.cnn.co.jp/world/CNN200612020012.html

結婚するにはHIVの検査が義務化されたそうです。そして雲南のエイズ患者は中国のエイズ患者の1/4にもなるそうです。

エイズ1.jpg招待所の室内

戛洒に行くと 道路の脇にもエイズに注意するようにとの立て看板が立っていたり招待所には安全帽子も置いてあったりでエイズ患者か多そうだというのは理解していたのですが やはりという感想です。

エイズ2.jpg部屋の机の上
花腰タイの写真集の脇には・・・・

以前 昆明の大病院に行き治療を受けた事があったのですが 血液検査をする前に血液検査をされました。1回目の検査はエイズ検査でした。説明はありません。で当然、陰性でした。

私が感じる雲南の適齢期の人達は性に対してそれを口に出す事はほとんど無いのですが行動は素早いのです。言動不一致です。
雲南の少数民族は性に対して大らかな面もあります。エイズのような死に至る病気が無ければ問題は少ないのでしょうが、エイズとその大らかさは共存出来ません。エイズの検査の義務化は納得の出来る事ですし、検査も20分ぐらいで済むのですが検査装置が田舎にはありませんので 二人で出かけるという事になると思います。
posted by むりー at 18:59| Comment(0) | 雲南の人々
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。