2007年02月19日

「ビルマとの国境近くに小学校を」

この本は雲南とビルマま国境近くにある独龍江の村に小学校を建てる為に出かけた記録です。著書はあの技術評論社の社長です。この本もそれでそこから出版されています。
麗江の東巴文字の関係でここの社長も雲南に関係があったようですが田舎は未体験だったようで 相当ショックだったようです。

d1.jpg

この本にはカラー写真が豊富にあり、それを見ていると行ったような気になります。ここは年収数百元の地域です。しかし日本人がこういった所の小学校建設に協力している一方中国政府はアフリカで・・・・・

d2.jpg
posted by むりー at 17:41| Comment(0) | 雲南の人々
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。