2007年02月24日

タミフル 八角

このごろのニュースでインフルエンザの治療の為にタミフルを処方され、それを服用した小中学生が異常行動を起し55人も死亡するという事が報道されています。
このタミフルですが フランスの製薬会社の製品で中国南部、広西壮族自治区の八角の実から作るという事でした。これは中華料理の香辛料でもあるわけですので雲南でも普通に売られています。

?^?~?t??.jpg

この八角になっている形から八角と言われているのだと思いますが、この実を粉にして料理に使うわけですが 私の場合はその粉をオブラードにくるんでポイと飲んでしまいます。そのせいか今年は風邪に掛らずにすんています。
この頃 香辛料の薬としての効果を感じるように思います。ドクダミや丁字(クローブ)も効果があるようです。雲南や貴州ではドクダミの全てをサラダのようにバリバリ食べています。
ただこういったものは健康食品という意味あいもあるわけですが私にはもう少し積極的な「薬」としての効果があるように思います。しかし証明は出来ません。
posted by むりー at 09:23| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。