2007年07月26日

恐い数字

http://www.sankei.co.jp/shakai/jiko/070726/jko070726003.htm
今年の日本の予想年間交通事故死者数ですが 6000人を割るようです。

http://www.npa.go.jp/toukei/koutuu1/shisha.htm
警視庁のサイトです。 2001年の交通事故死者数が8747人
http://www.aira.or.jp/number/index.html
日本の自動車保有台数 2001年は70,749,648台
これで 自動車1万台当りの死者数は1.24人

http://www.jama.or.jp/lib/jamagazine/200406/08.html
ここに中国の2001年に死者105000人という数字が出ています。
保有台数が1800万台 自動車1万台当りの死者数が58.8人

ですから 日本と中国では1台の車が死亡事故を起している確率が47倍違うわけです。私自身 雲南で頼んでいた車は死亡事故を起していた車でした。

何故こんなに死亡事故が多いのか。個人的な感想では「事故を起こさないように注意して運転する人が少ない」と思います。一言で言えば 雑 な運転です。
また 運転免許取得時の運転レベルの低い人がとても多いというのもあると思います。干女が免許をとったのですが どうみても日本では絶対に免許はとれないレベルでした。大甘です
posted by むりー at 18:30| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。