2007年11月01日

また行ってきました

時間が経ってしまいましたが10月中旬まで戛洒に行ってました。
丁度 国慶節の為 観光地には行かずにずっと部屋にいましたが行っていた所自体が観光地化してしまって お客さんが沢山でした。

土産は張芸謀の映画のDVD 18枚組みです。18x6元

張芸謀DVD.jpg

たった10日間ほどでしたが物価高はかなりのもので豚肉が2倍になっていました。地元の人民政府が物権法に対応したのか地元の田んぼを召し上げ、不動産開発に走り地価が10倍ほどになり、地元農家をダシにして金儲けを始めました。おかげで地代が上がり 老百姓が土地を借りて任意の場所に家を建てる事が出来なくなり計画は挫折しました。

雲南の田舎ですら中国の流行の現実が押し寄せてきてました。
そんな現実を体験しながら 上海の派手な某大会の演出を見ていると 貧しい農民の虚無感が伝わってきたように思います。

ここを見ているような環境の中国人は知りませんが私が行く場所の知り合いは大体似たような意見です。
田舎でも金持ちは増えましたので全員が同じではありませんが・・・
posted by むりー at 14:01| Comment(0) | 戛洒紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。