2006年06月14日

爺さん死ぬな

戛洒の干女(義理の娘)の母方の両親がいました。
二人とも母親の実家で暮していたのですが先日 母親の母親が70才台で多分老衰で亡くなりました。背の高い女性で180cmぐらいあったと思います。
先日 戛洒に行きましたら 私が到着する寸前 干女の乳児の顔を初めて見てから家に帰り、夜そのまま亡くなったそうです。 特段病気だったわけではありません。生まれ変わりなのかも?
葬儀は数日経過してから花腰タイの習慣に従って行われました。

葬ョ1.jpg葬式の準備をする人 頭に長い布をしています。



葬儀は近隣の村落からグループで参列者がやってきて 同時に子牛や鶏も連れてこられ、処理された肉は、亡くなられた家とその参加者のグループが持って帰ります。老衰で亡くなった場合は悲しい様子は感じられず楽しそうにも見受けられます。

葬ョ2.jpg葬儀のある家の屋根にこの面白い形の紙で出来たものを掲げます。何の為かは不明です。この時はこれよりも長い 全長数メートルのものも掲げられました。



その亡くなった母親の母親の連れあい、つまり母親の父親ですが小柄な男性で150cmぐらいでしょうか。漢方の先生でもありましたが連れ合いが亡くなったせいか元気が無く、毎日お酒ばかり飲んでいているそうです。なかなかの好々爺で このまま連れあいの死に引きずられてまさかという事では困ります。
干女にもっと面倒を看るように言ってはありますが・・・・・

以前、背の高い奥さんと背の低いご主人の姿を見て、外見と愛情は別なのだと改めて感じていました。もうあの姿は見られません。
私が戛洒を訪れた始めた頃の干女の家、そして親戚も7年の年月の中でいろいろと変わってきました。私にとっての戛洒はその頃の戛洒であって今の観光化された現在の姿は戛洒でないようにも思います。

posted by むりー at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/847724
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック