2006年06月16日

戛洒紹介 その3 宿と交通

この花腰タイ族の村へ行く交通手段ですが以前は片道1日掛りましたが今は全て舗装化され良い道路となっていますので片道5時間ほどで昆明から行く事が可能です。300km弱

一番簡単なのは昆明の火車駅前の大型バス駅から「戛洒」直通の大型バスが1日1便 午后2時30分にあります。午后7時に戛洒着(60元)
戻りは戛洒朝7時10分発です。午前11時半に昆明着です。

普通の路線バスは昆明の新南駅から午前8時半,午前10時に新平県城行きがありますので新平県城で戛洒行きに乗替えて下さい。1時間毎にあります。

戛洒からの路線バスは墨江、楚雄、双柏、鎮源、元江、などは1日1-2本ほどあります。 また 新平県城、隣の漠沙鎮、水塘鎮などには多くのバスが出ています。

タクシーはありませんので小型面包をチャーターして下さい。1-2元/km

上記観光村へは三輪バイクがありますので交渉してみて下さい。
2-5元程度で安いのですが 観光村から呼ぶのは大変です。
手机の番号を聞いておいて帰りの足も確保される事を御薦めします。

宿ですが 戛洒は宿には恵まれていて綺麗で空調有りの部屋が30元と いつまでも滞在する気になれる部屋が沢山あります。一番高いホテルでも金茂飯店で60元程度です。今までは長期滞在する場合、自分で派出所に行って住宿登記の必要がありましたが今は登記無しでずっと泊っていても何も言われません。
(バスタブは上記金茂飯店のみと思われます)
posted by むりー at 14:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 戛洒紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/853065
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック