2006年06月16日

戛洒紹介 その4 注意点

戛洒の素晴らしさはもう散々書いてきましたので注意点を・・

1.医療設備は無いものと思って下さい。
 何かあったら車を呼んできて新平県城か昆明まで走って下さい。

2.衛生面は問題が多い。
 高温多湿な環境です。生ま物は口にしないで下さい。漬け物は 豊富にあり美味しいのですが、止めた方が良いと思います。
また魚の類は経験上、よく煮えていない事が多くお腹が緩くなる事が多いようです。向こうの人は魚は好きなんでよく食べますが。

 箸やヌレテッシュは必須ですがちょっと虚しいものがあります。 タイ族の人々は感染症に掛る確率は極めて高いようです。
また一般農家の台所は私達の台所と清潔度が大違いです。気になる方の食事は街へ戻って済ませて下さい。

3.騙す人は少ないのですがタカル人は極めて多いので親しくなっても用心・・・
 タカル程度も普通の程度ではありません。

4.雨期の道路寸断有り
 雨期になると大雨で哀牢山系からの雨水が泥石流となって村落全てが流され100名以上の死者が出た事があります。
泥石流が道路を破壊する事はかなりの頻度で起きますのでそれを見越して雨期は2-3日余裕のある日程で行かれて下さい。

5.ここだけの問題ではありませんが
 ここのタイ族は古いスタイルのタイ族で文盲の人も多く 私達の文明と多くの点で違っています。
その違っているという点を頭に入れ何を言われても怒らず焦らずおおらかな気持ちでお付き合い下さい。年配のおばさんなどはとんでも発言をする人もおりますが、騙すつもりの人はまずいませんのでよく話を聞いてあけで下さい。ここは騙す人は極めて少ない分タカル人がとても多い場所です。(古い貴族の血統と関係があるのかもしれません)
posted by むりー at 14:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 戛洒紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/853074
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック