2006年06月24日

さとうきびの買い取り価格 2006年1月

嗄洒の風景はさとうきびと稲作、そしてマンゴー樹の3つが特徴的です。そのさとうきびの話題です。今年の1月の様子です。

雲南のサトウキビの工場買い取り価格は1Kg 1角でした。大型トラックで運んでも1回1トンぐらいでしょう。すると100元・・・ トラック一杯で100元 あまりも安い金額だと思います。雲南黒豚が1Kg 10元ぐらいで売れますので 1頭1000元ぐらいになります。

嗄洒のさとうきびは2種類あります。一つは砂糖を工場で絞るサトウキビで茎が細くまだ青いものです、もう一種類、雲南には茎が太く、茶紫のサトウキビがあります。あまり栽培面積は広くありませんがこの皮を剥いてカジル甘さはなんとも言えません。こちらは工場へ行くサトウキビの何倍かの価格です。
このサトウキビはお土産用としても街の市の日に近所の農民がリヤカーに積んで売りに来ます。市の辺りをうろうろしていると顔見知りの人がリヤカーと共にやって来ていて出会います。
また運良く このサトウキビの取り入れをしている所に出くわして眺めていると1本ぐらい皮を剥いて食べるようにくれる人も多い雲南の農家の優しさがあります。

路線バスが通る道路脇にはこのサトウキビが立てかけられています。運転手は見かけるとバスを止めてサトウキビの品定めをして休憩だったり、バスの中には知り合いに持っていくお土産か束ねたサトウキビが積んであったり・・・・
工場へ行くさとうきび以外はこの茎の太い紫色のさとうきびです。

サトウキビの甘さも気温に比例するようで私が行っている所は標高が500メートルほどで雲南でも特に暑い地域で甘さもかなりのものがあります。

先日 スカパーの邦画で沖縄のサトウキビの刈り入れを題材にしたものがありました。丁寧な作りの映画で刈り入れの実際の様子が初めて判りました。
しかし工場に行くさとうきびで茎の細い青いものでした。

(2006年1月)今年も雨が降らず 大干になるかもしれず さとうきびの生産量も減っていて買い取り価格が トン辺り150-180元まで上がっているそうです。

干女の嫁ぎ先では約8トンの生産量だそうです。丁度今 刈り入れがあり、忙しい最中なのに干女が実家にわさわざ帰ってきました。大体2-3日で刈り取り出荷は出来るそうすです。大きいお腹は4月下旬まで続くそうです。

8トン生産してこの価格ですから 農民がいかに苦しいかわかります
干女もなんとか町に帰る事を考えるように言ってはあり本人も農家では暮らしが立たないのは判っていますがなかなか大変でしょう。結婚したのですから旦那に頑張ってもらうしかありません。
(干女との関係についてはゆっくり書きたいと思います)
posted by むりー at 18:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 戛洒紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/896589
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック