2006年07月06日

地図の縮尺

読売新聞にこんなのありました。
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20060704ia01.htm

> 政府の検討では、衛星打ち上げに合わせ、縮尺500分の1の詳細な日本の電子地図を作製し、民間に無料提供する。衛星から送られる緯度と経度に関する情報と、電子地図を重ね合わせることで、位置測定の精度を高める。

GPSの精度が20センチよりも1/500の地図が民間に無料で提供されるというのは素晴らしい事だと思います。もし実現すればgoogle earthに匹敵する意味があると思います。素晴らしすぎて外国のミサイルが日本の特定の場所に狙うにはもってこいでしょう。
こういった情報を制限なく公開する国というのは、民主主義と情報公開がありそれなりの技術力と社会資本がある国だけが出来るわけです。このニュースを読んで日本に生まれて良かったと思いますが、この情報を日本以外の国が自国の利益に使い、結果として日本が不利益を受けるかと思うとあまりにも性善説だけの日本はこれからどうなるのかと思います。(ただし現在でも地方自治体などでは独自に作った1/1000-1/2000程度の地図を領布している所も多いようです)

この地図は私が行っている場所の地図ですが1/70万の縮尺です。外国人はこの地図までしか入手出来ません。現地の人で大体1/20-30万の地図が入手出来ます。 1/500 と 1/20万

map.jpg 雲南省新平県
posted by むりー at 08:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/938354
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック