2006年07月14日

甘い

5月に雲南で部屋を借りたのですが典型的な結果になってしまいました。私が甘いという他はないのですが・・・

日本へ帰る時に干女の兄に部屋の鍵を渡したのですが毎日 部屋でエアコンを入れて使っているようです。
こちらとしては、兄は自分の家を持っているのでまさか毎日使うとは思っていなかったのですが そこは中国なんでもありでした。自分の都合だけが優先するようです。
さすがに干女も「毎日使うな」「エアコンは控えろ」と言ってくれているようですが・・・・
みんな私が甘かったのです。

干女の兄は小学校4年までしか行っておらずまともな職が無いらしくちょっと前までは保安の仕事に行っていたのですが又家に帰ってきてしまいました。
雲南桃源倶楽部のK先生も西双版納のマンションの鍵を知り合いに預けていたら女性を連れ込んでああたら、こうたらという事になり鍵を取り上げたのだそうです。まさか形態は違いますが似たような事になるとは思いませんでした
タカルのが普通の地域ですから 私が甘いという事でした。
私はまだ2日しか使ってません・・・・・
居心地の良い部屋にいたら又仕事に行かずぶらぶらという事になるでしょう。次回行ったときには鍵を交換する予定です。

この部屋の鍵ですが 賃貸開始時に2組渡されてます。一組目は暫定使用のもので普通に使えます。2組目はその中の鍵の一つでも鍵穴に差し込むと1組目の鍵は一切使用出来なくなるのだそうです。多分施工時に1組目を使い、引渡し時に2組目を使うようになっているのでしょう。

何度も書いていますが私が行っている所は雲南の少数民族地域でも特に古い文化や習慣が残っている地域のようでタイ族といえば仏教のはずが仏教は無く、精霊崇拝でした。越人-タイ族でも特に古い習慣、文化を残しています。この為か他者への依存心が強烈でタカリを全く問題視していません。高級中学卒ですと県城に行きますのでタカリを問題視するのですが初級中学卒は地元ですから、強烈なものがあります。前回は知り合いに「家を建てて頂戴」と言われています。

民族文化は大事ですがあまりにも強い他者依存心は民族の弱さにもなりえます。このあたりの事は
「攀枝花の咲くところ 雲南タイ族の世界」 古島琴子
 創土社 2001年に少しばかり出ていますがやはりタイ族
でも特殊なケースのようです。

借りた部屋は3LDK? 55平方メートル程度、トイレ、シャワーは部屋の外の階段の途中にありました。不便です。
(新築 年3200元 家具無し)

トイレ.jpg トイレ&シャワー


食堂.jpg 食堂


そんな異文化の世界の中で干女は間を取り持って苦労しています。もう子供の体重も6kgになったそうです。

画像は近所の農家(日本)で西瓜を分けて貰っているところです。
例年ですと出荷は終わっているのですが今年は表面が黒い種類を少し作ったのだそうでまだこの季節にあるようです。
雲南の西瓜は甘くありませんが日本の西瓜は甘いようです。

西瓜.jpg
posted by むりー at 14:30| Comment(2) | 戛洒紹介
この記事へのコメント
アモチョンです、お邪魔します。
自分のブログを立ち上げる時にプロバイダーからの返信用にと別FreeMailを作り
名前をアモチョンにしたためML系では天虹、ブログ系ではアモチョンと
ダブルネームになってしまいました。

今回初めて貴州に行き感じたことですが省単位で見ても貧富の差は歴然とあり
人種平等ではないですね。
今回、代理店で営業活動計画の説明を聞きましたが苗族等の少数民族の地域は
殆ど入っていなかったので理由を聞くと少数民族の人は機械を購入するお金も
持っていないし、少数民族の人には銀行もローンを組んではくれないから
機械は売れないと。
これと同じ話は雲南でも聞きました。
でも機械の稼動は少数民族の地域に多いのです。
例えば貴州の場合、省内の金や希少金属の鉱山は全て苗族自治県にあるのです。
ただ、この鉱山の採掘権を持ち機械を買って現場に持ち込んでいるのは
貴陽や昆明に住んでいる、漢族の老板や領導達です。
Posted by アモチョン at 2006年07月23日 23:46
アモチョン様 1番です。
いらっしゃいませ、おっしゃる事は雲南でも同じように感じます。少数民族の貧しさと保守性の根は同じところにあるように思います。建機の持ち主はやはり漢族が多いようで、工事を請け負う老板は決まっています。でも何かを持っている人は何かを持っていないようです。どちらが良いのか?
個人的には保守性の中の民族文化の中で暮す方が楽ですがその分タカラれます。
希望としてはタカルなら沿海部の人にタカッテ欲しい。それだけです。
Posted by むりー at 2006年07月24日 06:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。